洗顔で角栓を除去できる?

顔にブツブツとした角栓ができてしまい、その除去方法をどうしたらいいかわからずに悩む方がいますが、洗顔の仕方によっては簡単に取れやすくすることができます。
角栓とは毛穴詰まりです。
メイク汚れや皮脂、古い角質が毛穴に詰まってしまったためにブツブツとした状態になってしまうのです。
このような角栓は、目立つため除去しようとして、指や爪で強く押し出したりしてしまいがちです。
無理に取ろうとすると、肌を傷つけてしまう可能性があり、刺激を与えるとクレーター状の跡になってしまったり、色素沈着を起こしてしまう場合もあります。

そのため、なるべく刺激を与えずに除去することが必要です。
角栓は洗顔を見直すだけで簡単に取れやすくすることができます。
その方法の一つがスクラブ洗顔です。
スクラブで洗うと古い角質が落ちやすくなり、詰まってしまった角栓も取り除きやすくします。
また、泥泡洗顔もおすすめです。
天然の泥成分には汚れを吸着する性質があるため、優しく洗うだけで毛穴汚れをしっかり落とすことができます。
また、角栓を柔らかくする作用があり、洗うだけで肌を綺麗にすることができます。
毛穴詰まりを洗顔で予防、改善するならスクラブや泥泡洗顔がおすすめです。

picture01

自宅で角栓を除去する方法は?

自宅でも角栓を除去できる方法はあります。
気温が高くなってくると、汗や皮脂の分泌量も増え毛穴トラブルに悩まされる事も多くなります。
特に、鼻の毛穴に詰まった角栓は溜まりやすく、目立つため、気になります。
自宅でも手軽に角栓を除去する方法として、綿棒を使った方法があります。
まず、オリーブオイルを染み込ませた綿棒を用意し、蒸しタオルなどで毛穴を開かせ、綿棒を使ってなでるような感覚でマッサージしたり、優しく角栓を押し出すと綺麗に取れます。

また、オリーブオイルを肌に直接塗っておくと綿棒で滑らかにマッサージしやすいでしょう。
その後は通常通り、洗顔・すすぎ・保湿ケアを行います。
この時の洗顔は、オイルが肌に残らないように、泡たっぷりの洗顔で入念に行います。
このような方法で角栓を除去した後は、肌の水分蒸発を防ぐ皮脂が洗い流され、肌の角質層の水分も不足した状態になります。
元の肌の状態に戻るまで高い保湿作用を持った成分配合の化粧品を使って徹底した保湿ケアを行う事も大切です。

picture02

綿棒で角栓が除去できる?

綿棒で角栓を除去できるという方法が話題になっており、確かにその方法で毛穴が綺麗になったという報告もあります。
その方法はとても簡単で、ほとんどの家庭にあるもので出来るためとても手軽に試すことができます。
綿棒で角栓を除去する方法は、綿棒とオリーブオイルやベビーオイルなどのオイルが必要です。
綿棒にオイルをつけて、角栓が気になる場所をこするだけで角栓や毛穴の中の皮脂が取り除かれて行きます。
この方法の良い点は、毛穴を広げることがないということです。
除去した後の綿棒を見ると、黄色っぽい色がついていることがありますが、それが毛穴に詰まっていた皮脂の色だといわれています。

オイルは、同じ油性の性質である皮脂を溶かし、毛穴に詰まっていて取り切れない角栓を綺麗にしてくれます。
肌に負担がかかりにくい方法ですが、強い力でこすりすぎると、皮膚に負担をかけてしまうことにもなりかねません。
優しく肌に負担をかけないように行うことが大切です。
最後には化粧水で肌をきちんと整えておくと、皮脂の過剰な分泌を防ぐことができます。

picture03

病院で除去するほうが良い?

角栓は自宅でも処理することはできますが、病院で除去すると手間がかからず、一度の施術で一気に角栓を取ることができます。
角栓は指でつまむことで押し出したり、毛穴パックを使用する方法、毛抜きで引き抜いていく方法などがあります。
そもそも角栓とは、分泌物や汚れが古い角質と混じり合ってできたものです。
角栓を放っておくと、毛穴が広がってしまい顔が黒ずんだ印象になり、鼻に黒い点が無数にある様子がイチゴに例えられます。

除去する上で重要なポイントは、取りっぱなしにしないことです。
取ってすぐの状態は毛穴が広がっています。
ケアを正しく行うことで、新たな汚れを溜まりにくくします。
もともと角栓が目立たない人は毛穴が小さいためです。
除去後に冷たい水や化粧水で肌を引き締めましょう。
定期的に除去し、ケアを続けることで少しずつきれいな小鼻が出来上がっていきます。
皮膚科や美容外科の病院で施術を行っていますが、病院の場合、自宅ではできない治療を行うことができます。
最新の器具を使用したり、一人一人の肌の状態に応じたもので、皮膚トラブルを起こすリスクもありません。
お金はかかりますが、病院やエステサロンで除去するのがおすすめです。

picture04

おすすめウェブサイトについて

角栓の除去の方法ってたくさんあるものなんですね。
なぜ角栓に対応していったら良いのかと言うと、肌トラブルを引きおこすかもしれないからです。
角栓の肌トラブルと言えば、ニキビでしょうか。
それも大人になってからできることがある顎ニキビなどは要注意ですね。
もし顎ニキビについての知識を得たいということであれば、おすすめウェブサイトはこちらです。